• 費用を抑えて負担減少

    手を合わせる女性

    標準的な墓石埋葬よりも半分以下の費用で埋葬を行う事ができるというのが、納骨堂の大きなメリットなのです。納骨堂にかかる平均的な相場に関する話などをご紹介していきます。

    Read more
  • お墓の手入れを一任

    数珠

    運営者による維持管理も納骨堂が選ばれる理由のひとつとなっています。社会人や共働き家庭でお墓のメンテナンスを継続的に行うのは大変ですので、納骨堂にて手入れをお願いするのは非常に楽なのです。

    Read more

合理的な埋葬方式

手を合わせる男性

納骨堂を東京都内でお探しなら都内一等地、港区三田の三田霊廟がアクセスもよくおすすめです。まずはサイトから見学予約!

納骨堂というのは奈良時代から日本に存在していた文化で、本来の目的は一時的な安置所でした。しかし近代になると、東京を中心に納骨堂は最終的な埋葬方法として普及するようになっていったのです。その背景には東京など都市では墓地を作れる土地が不足している点と、東京から遠い土地までお墓参りを必要としない立地の都合良さなどがあげられるのです。標準的な墓石埋葬方式と違い、納骨堂はスペースをほとんど必要としないところからも、埋葬にかかる費用というのが墓石埋葬よりも安く済ませられる事が最大のメリットなのです。そのため、東京周辺で暮らしている一般家庭では、費用とアクセスに優れる納骨堂は埋葬方式として多くの家庭で選択される事になったのです。人によっては東京の納骨堂スタイルを「事務的」「味気ない」と捉えられる場合もあり、考え方はそれぞれです。確かに一つの施設内にて、他の故人と集団埋葬されるというやり方は合理的過ぎるのかもしれません。ですが、埋葬以上に大切なのは残された家族の生活であり、特に東京という制限の多い地域で暮らす人間にとって、通いやすく費用を抑えた納骨堂は生活の負担を最小限にする事へつながるという意味でも、非常に建設的な方法だと言えるでしょう。故人を弔うために生者が必要以上に無理をしても意味はありません。東京周辺にお住まいの方々は、このように合理性に優れた納骨堂による埋葬方法を検討してみてはいかがでしょうか。