費用を抑えて負担減少

手を合わせる女性

納骨堂を紹介しているウェブサイトを色々読んでみれば分かりますが、どのサイトでも納骨堂のメリットとして一番最初に上げるのが費用についてだと思います。標準的な屋外に建てる墓石埋葬方式というのは、平均的な費用相場が約300万円前後であるのに対し、納骨堂は50万円から高くても140万円というのが平均的な費用相場となっているので、やはり経済的なメリットが特に優れていると言えるでしょう。納骨堂費用にこのような値幅がある理由には、埋葬に関わる様々な追加要素が関係しているからです。シンプルに埋葬のみを頼んだ場合なら、納骨堂は5万円程度で引き受けてもらえますが、この場合では、戒名や永代供養といった弔いを行なってもらえませんので、かなり味気ない埋葬となってしまいます。そこに「永代供養」、つまり未来永劫故人にお経を上げ続けて供養していくという制度をお願いする事で、おおよそ50万円程の費用がかかるようになるのです。納骨堂を利用する家庭の多くがこのスタイルを選択している標準的なプランと言えるのです。そして永代供養だけでなく、さらに豪華な墓石を納骨堂に建てるという選択も可能で、その場合だと150万円前後という高額費用が発生するのです。この場合、費用よりも納骨堂へのアクセスしやすさなどに重きを置いている利用者が好むスタイルとなっているのが特徴だと言えます。納骨堂最大のメリットである費用面についてのお話でしたが、施設それぞれで値幅がありますので、ここで紹介した金額はあくまで平均的な相場という事に注意しておいて下さい。